スマートフォンを修理に出す時に知っておきたい事

>

正しい修理店の見つけ方、予防策

修理店の良い見つけ方を知っておくのが大事

修理店の良い見つけ方はその店の修理方法を知ることです。
良い店はとても良心的です。
修理に出して部品を変えたとしても改善しない場合は修理代を取らないというところは沢山あります。

治すことが難しい場合、ちゃんと説明があった上でお断りするお店は良いと言えるでしょう。
修理に出して治りもしないのに修理代を請求されたり、修理に出した時よりも状態が悪く帰ってくる場合は信用できないお店といえます。

スマートフォンの場合、ほとんどのお客様がデータは残った状態で治ってくるのを望んでいます。
数理を出す際にデータは温存できるかどうかを確認した方が良いと言えます。
修理に出してから三年ほどの保証期間があるお店はとても信用できるかもしれません。

故障しないための予防策

スマートフォンが故障しないために予防策があります。
画面を守る保護フィルムもそうなのですが、スマートフォンのケースも予防策になります。

最近ではケースといってもいろいろな形があって、特に人気なのは手帳型のスマートフォンケースです。
画面を守ってくれるだけではなく、画面の誤作動やスマートフォン本体の破損を防いでくれます。
ケースの形だけではなくケースの色や柄が最近ではたくさんあるので、自分のお気に入りのケースを見つけてみてはいかがでしょうか。

携帯会社で販売されているケースは新機種のスマートフォンに合うものしか販売されていません。
自分のスマートフォンが新機種ではない場合は、インターネットで探してみるのが一番かもしれません。


この記事をシェアする