スマートフォンを修理に出す時に知っておきたい事

>

携帯会社の修理保証について考える

気を付けていても、よくある画面破損

スマートフォンの故障で一番多いのは画面が破損することです。
画面が破損すると様々な障害が出てきます。
一番多いのが表面に亀裂が入ってしまうことです。

このような状態の場合は症状としては割と軽く、亀裂は入っているものの、画面が見にくいだけで操作はできます。
画面破損で一番重症なのは画面自体も消え、まったく操作できない状況になることです。
画面破損する原因の一つとしてスマートフォーを落としたり一時的に液晶で圧がかかってしまうと亀裂の原因となってしまいます。

それを防ぐために、保護フィルムなどが販売されています。
保護フィルムを貼ることによって、液晶の亀裂はかなり軽減されます。
もしものことを考えれば、事前に保護フィルムを貼ることをお勧めします。

破損したらすぐ修理に

画面が亀裂した際に、操作ができるからといって、放っておくことはよくありません。
使っているうちに徐々に亀裂した部分が広がってしまうと、急に画面がつかなくなったり、操作が出来なくなってしまうことがあります。

操作が出来なくなってしまうと、誤作動が起きてしまうことがあるのです。
どのような状態になるかというと、ロック解除で何度も入力ミスを行い、最終的には初期化せざるをえなくなってしまうことがあります。

それだけではなく、勝手に電話がかかってしまったり、SNSで意味不明なことを更新してしまうことがあるのです。
それを防ぐためには、画面が亀裂してしまった時にすぐ、修理に出すことがとても大切なのです。
画面がつかなくなった時には、既に遅いということを知っておく必要があります。


この記事をシェアする